宮城ベースボール会議

宮城の野球をアップデートせよ・・❗️と言われた気がしました😎

先日、宮城県の中学軟式野球を牽引し続ける猿橋先生と久々に再会し「これまでとこれから」について約2時間、ワクワクする時間でした。

何より共感したのは先生の「在り方」。
猿橋先生世代が「教員生活最後の締め」へ歩みを進める中、次世代を生きる子ども達の為に考え、悩み、そして挑戦し続ける姿勢。

私は「カッコいいの価値観」に共感したのでしょう。

勝ちより、勝ちの教育

まさに、これからは「勝ちより、価値の教育」。
大半の教員が、校長→退職→大学や関係機関に再就職なんて勝ち組道を歩む中、

新たな仕組み創設へ挑戦し、
この先100年生き続けるシステムを構築という価値組道を歩む猿橋先生。

そんな「在り方」もあって良い。

先生は言いました。
「おれも残り数年だから、おれが先に立ってやるのが正しいかは分からない」

立って頂きましょう。
人生の大先輩を担ぎましょう。

教育者が実践者でなければ、子ども達は付いてこれない。

自らが実践者となり「これから」を創る。

スポーツは教育だ。
スポーツには夢がある。
勝つだけではない価値がある。

価値教育で、勝利至上主義の日本へブレイクスルーを起こしたい。

宮城の野球をアップデートせよ・・❗️

誰よりも早い一歩を踏み出します。

お楽しみに❗️

Respectfully,

TOMA

以下、猿橋先生のプロフィール&掲載記事のリンクです。

猿橋善宏
1961年生まれ、宮城県出身。東北学院大卒。学生時代は野球経験なし。身体が弱く、やりたくてもできなかった野球への想いを胸に指導者の道に進む。98年に松島中の監督として全国中学軟式野球大会(全中)ベスト8。2005年にはからかし台中(利府市)の監督として全中準優勝を果たす。12年に松島中に戻ると、16年に全中出場。担当教科は英語。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00185890-baseballk-base&pos=1&fbclid=IwAR2Rfj95A7hdEev07HFoTBJC4OffyvrVG52a9VtDZIjkYqipyWfcV3AoXGc