感謝

まずは、現状無事に手術を終了した感謝申し上げます。

手術を担当して下さいました市川先生始め、

佐藤裕也眼科医院の皆様、有難う御座いました。

詳細は、こちら。
https://www.sendai-lasik.jp/icl/

これから、同じ手術を受けるかもしれない方もいると思いますので、

実際の手術の様子を書き記しておきます。ご参考まで

実際の手術の様子

2018年9月14日、午前中に左・右の順番で手術を受けました。

私以外に2人の女性の方が、同じ手術を受けていました。

手術室には、2台の手術台(歯医者や床屋さんの様な電動チェア)があり、

最初の方が、右目の手術。

2番目の私が、左目の手術。

3番目の方が、右目の手術。

と、前の方の手術が終わるタイミングで順番に入ります。

手術前の診察で、
先生から「クシャミしたいとか、痛いとかの時は、手を止めるので言ってください。目をキョロキョロさせられると手術できないので、少しだけ我慢して下さい」と言われます。

さて手術の流れ、
1、手術の控え席にて専用の紙の靴を履き、麻酔の目薬を差します。

2、手術室に入り、椅子に座り、座席が倒れます。

3、「目を開けて〜」と言われ、大量の麻酔&水が流れます
(これ気持ち良いです)

4、次は目を強制的に開けられます。
(閉じない様に何かを挟んでいると思います。なんてことないです)

5、光を見て〜と言われます
(私は最初どの光か分からず目をキョロキョロ)

6、光とは、顕微鏡?の3つの光をみます。
(それを見続ける様に言われます)

7、マーキングとやらをします。
(私は乱視だからの様な会話でした。痛くないです)

8、ここでメス!?針が登場し、針が見えます!恐怖の時間!笑
(先生がレンズいれるよ〜みたいな言ってくれます)

8、一瞬ちくっとし、その後、目が押される感じがします。
(私的には注射の感じ、この間も3つの光を見続けるだけです)

9、その都度、目に大量の水を流してくれます
(この瞬間は、気持ち良く安心します)

10、最後に先生がレンズの位置を調整します
(「よし、ピッタシだ!」にはホッとします)

11、術後、目にグリセリン?を傷口に塗ります。
(この時点では、ボヤけてよく見えません)

12、部屋に戻り、右目の手術を待ちます。

左脳&左目周辺の痛み

なんだったのか良く分かりませんが、

左目の術後は、感じたことのない
締めつけられるような痛みでした。

右目の手術の順番が来るまで、私は眠っていました。

その後、右目も同じ流れで手術が行われましたが、

左目の時よりも痛みを感じ、先生が麻酔を追加してくれました。

先生を信じ、3つの光を見ることに集中していました。

右目の手術が終わると、スッキリした感じがし、

左脳の痛みもとれました。

バランスがとれた?感じがしました。

その後、診察まで私は再び眠りました。

本当に目が良く見える❗️

その後は、起きる度に視界がクリアになっていきます。

多分ですが、3時頃に起きて0.5

夕方に起きて0.8と言った感じです。

結構、信じられないです。

翌日の視力検査では、右1.5 左1.0

まで見えました。

有難う御座いました。

今日は3日目検診でした。

右1.5 左1.2

見えました。

その後、頭痛等の痛みなど一切ありません。

これから目をもっと大事にしていこうと思いました。

これから1週間、傷口が開かないように控えめに生活します。

1ヶ月は運動もできないようで、悲しいですが、我慢します。

ご心配をお掛けした皆様、本当に有難う御座いました。

【追伸】
*手術中、先生方のリアルな会話が聞けます。
先生:マーキング!
助手:はい!
先生:これじゃないだろ!
助手:はい!
(私は心の中で、「おいっ!」と突っ込みヒヤヒヤです)

そして、私も先生から話しかけられるので
先生:痛くない〜?大丈夫だよ〜、これから麻酔いれるね〜等々
私:はい!はい!はい!
と回答していたら、
先生の「あれとって〜」という言葉にも「はい!」と回答してしまい、

先生:「あなたじゃないよ」
私:はい

まあ、「こわ楽しい」って言葉があれば、リアルな現場を体感できて

そんな感じです。

右目の時は、
先生:はい次〜
助手:先生、マーキングが先です。
先生:あぁ、はいはい
私:おいおい頼むぜ、、!(心の声)

てな感じでした!

Respectfully,

TOMA