BOAへの熱いメッセージを転載します❗️

BOAメンバーであり、
私色川冬馬のアメリカ挑戦時代からの友人であ

橋本翔裕氏より、

熱すぎるコメントが寄せられていたので、皆様と共有できればと思います。

写真は、2011年なので7年前になります。

橋本氏は、メジャーリーガー目指して、

中学を卒業して高校をカナダ・アメリカで過ごしてきました。

チャレンジののパイオニアです。。!!

今の中学生にも当たり前の選択肢となる時が来るはずです。。

ということで、なくてはならない男で御座います!!

私のアメリカ野球挑戦時代、
共にアメリカにてトライアウトを受けて回った仲です。

何より思い出は、アリゾナからニューメキシコへの10時間ドライブ1発勝負!

でした。既に懐かしい日々です・・・

以下、そのまま転載します。

冬馬、まず、この場を作ってくれて、ありがとう
冬馬が言ってること、凄く分かる

ここ最近、
俺は自分自身のことを思い返してて、気付いたことがある

俺はそもそも、何故世界を目指したんだろう?

野球を始める前から、俺は高校からは海外に出ると心に決めてた

野球だったからアメリカやカナダに留学したわけであって、ほかのスポーツならそのスポーツが1番盛んな国に行ったと思う

思い返して気付いたのは、「親」の影響だった

俺の親父は俺らくらいの歳の時に
アメリカやメキシコをバイクで旅してたバックパッカー

オカンはそんな親父とバイク屋で出会って
新婚旅行に選んだのはオーストラリアバイクで縦断の旅

どんだけワイルドやねんww
そんな旅の話を小さい頃から聞かされてた

で、俺が産まれてからは俺が留学するまで
毎年鈴鹿にF1を観に連れてってくれてた

俺はそれ以来行ってないけど、親は今も毎年必ず行ってる
世界三大スポーツの1つ、F1を僅か1歳の時から観せてくれてた

野球を始めてからは日米野球がある時は必ず観に行かせてくれた
メジャーリーガーの野球を生で観る機会を必ず作ってくれてた

こんな親の元で育って、
夢持って世界を意識するのは、当然のことやった

高1から留学してた話を人にすると、

「すげーなそんな歳から世界に出ようと思うなんて」ってよく言われる

でも俺は毎回言う
「すげーのは俺じゃない、夢をくれて背中を押してくれた親が1番すげぇよ」

子供の成長になんだかんだ1番影響するのは、
その子の成長を1番見ているであろう親の存在だと思う

成長を促すのも妨げるのも、親だと思う
俺らがどれだけ子供の背中を押しても、
親が邪魔をしたら、アウト
そう思う

橋本氏が考えるこれからの日本の在り方

未来の日本のために俺ら大人がやらなんことは、大きく2つあると俺は考えてる

ひとつは、子供たちに世界に触れる機会をできる限り与えること

そしてもうひとつは、大人の再教育
はっきり言って、今の大人は、世界が狭すぎる

そんな大人のもとで育つ子供は、もっと世界が狭くなる

子供の可能性を、無意識に大人が、親が潰してしまってる

でも、その大人の世界が狭いのも仕方ないと思う
何故かと言うと、この国の教育システムは戦後以来変わってないから

マイナーチェンジはあっても、メジャーアップデートがないから

おかしいやろ?この50年で日本も世界もとんでもなく大きく変化したのに、教育システムが変わってないなんて

グローバル化なんて言葉は俺らが小さい頃から言われてたはずなのに、
教育は全然グローバル化してない

こんだけグローバル化してる世の中で
教育システムは日本の経済成長のころから変わってない
目指すべき未来が違うはずなのに、コレはおかしいやろ?

子供たちの未来を守る為には、
俺は大人の再教育は絶対に外せない必修科目だと思ってる

それを野球という、俺ら共通のツールで出来たらそれが理想的だと俺は思う

それをどうやったらいいのか?正直まだ俺もその答えには至ってない
と言うより、1人では答えに多分至れないσ(^_^;)

だから、それをこのコミュニティで導き出せたらと思ってる

話し長くなったけど、これからも長い戦いになるけど、

冬馬、一緒に戦おう

冬馬だけじゃなく、
このコミュニティにいる皆さんにも、この想いが伝わったら嬉しいです

皆さん、冬馬と一緒に、進みましょう

2018年10月8日

橋本翔裕