高校野球に「新たな選択肢」

皆さん、こんにちは!

大々大々変革期、真っ只中の野球界で、
新たな「選択肢」が、結果を出す日も近くなってきたように感じます。

私が感じる最近の高校野球のトレンドと言えば、
Twitterにて仲間と写真と言葉や想いを届ける「引退報告」。

その一方で、

プロ相手に挑戦を続ける同じ高校生がいる。

ってご存知でしたか?

彼の名前は 三山篤郎 くん(17歳)。

彼の異色の挑戦は「高校世代の新たな選択肢」になる!

と、私は信じています(^^)

篤郎くんは、どこでプレイしてるの?

彼が、どういった経緯で、ここに辿り着いたかは分かりませんが、

現在「BFL(関西独立リーグ)」兵庫ブルーサンダースの下部組織でプレイしています。

かなり!おもしろい取り組みですので、こちらを読んで下さい(^^)

https://dot.asahi.com/dot/2017123000013.html?page=1

(私からの説明は省きますね)

高校野球のこれから

野球人からすれば、「日本の夏」と言えば高校野球ですよね。

私も甲子園には行けずとも「高校野球」に青春を注いだ1人です。

あそこまで、野球人だけでなく、国民まで夢中にさせてしまう「高校野球」

そんな目標を夢中で一心不乱に追える高校時代は、本当に幸せなことであり、尊いことであると思います。

しかしながら、これまで表にされることがなかった「いき過ぎた指導や方針」

が、グローバルに情報が行き交う時代になり、次第に明るみになってきました。

若干高校生の若者を「いき過ぎた指導」が傷つけてきたのは事実です。

そして、野球は好きだけど「野球部には居たくない」

野球競技から離れていく若者が増えていったのです。

先日、日本高野連は「200年構想」について

いくつか記事も出ていたので、どこに真意があるかは定かでは御座いませんが、こちらの記事に書かれた(https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/04/kiji/20180703s00001002512000c.html)

日本高野連は16年11月に「高校野球200年構想協議会」を立ち上げ、話し合いを重ねてきた。

会見した日本高野連の八田英二会長は
「少子化もあるが野球離れが進んでいる。子供たちが野球をする環境が少なく、キャッチボールをしている姿を見ない。何とか打破して底辺を広げたい」と力を込めた。

約2年、何してきたのかな〜?って思ってしまうし、

その間にも野球人口は減少し続けています。

さらに、

「夏の全国高校選手権は“全国U―18クラブ大会”になってしまうかもしれない」

ともあり、高野連以外の選択肢は認めてくれないのかな〜?と

疑問に感じざる得ませんでした。悲しいです!!

開拓者の宿命を乗り越えろ!

こんな状況で御座いますから、

篤郎くん及びチームやリーグの大変さは計り知れないでしょう。

これまでも、これからも賛否両論あり、苦難の連続ではあると思いますが、

次の世代へ新たな選択肢を創出するために

折れずに突き進んで欲しいと思っています(^^)

って、言う私のなりのエールでした!!

実力で吹き飛ばて、世界を駆ける姿がみたいものです!!!

Respectfully,

TOMA