ホテルの食事が食べられない選手も

食事前のミーティングをする色川監督とパキスタン代表選手

野球というスポーツは、世界的にそれほどポピュラーではない。世界の野球競技人口約3500万人に対し、世界一競技人口の多いサッカーは約2億5000万人と言われている。私はこれまで、野球文化が根付いている日本、アメリカ、そしてプエルトリコで選手として野球をし、2013年から指導者として中東のイラン、そして今回のパキスタンへと渡った。イラン、パキスタンの宗教はイスラム教。野球人気は皆無に等しい国で、イスラム教特有のルールの知識のない私にとっては、新しい世界への挑戦だった。

東京オリンピックに向けて、日本でも「ハラル」という言葉を聞く機会が増えてきた。しかし、アラビア語で「許可されたもの」を指す言葉の意味や、サラダであっても、豚肉などハラル以外の食材と同じまな板で調理された物は食べられないなどのルールは認知されていないと思う。アジア選手権の舞台・台湾に到着した初日、ホテルの食べ物を確認したが、ハラルへの配慮はなく、ホテルと交渉するところから始まった。何とか翌日からハラルフード準備してもらえたが、比較的「食に保守的」な西アジアの人々にとって、焼き方や煮方などの調理法が大きく異なる東アジアの料理を食べられない選手もいた。

私は監督としては、大半の国際大会はイスラム教以外の国々で行われることを伝え、「何としても今与えられたものを食べる以外の選択肢はない」と選手に話した。一方で、私たちに日本人とって馴染みの薄いイスラム教だが、さまざまな国際大会誘致を進める国としては、より積極的に宗教理解を示す必要がある。スポーツを通して宗教、国際理解を深めることは、政治的、経済的な場面でも意義のあることだと思う。

いよいよインドネシアとの初戦

アジア選手権初戦のインドネシア戦を迎えるまで、野球以外の準備の部分に時間を要した。実力的な不安はなかったが、選手自身も慣れない環境に適応するのに時間がかかっていたので、スポーツ特有の雰囲気、試合の「入り方」に不安を残したまま試合に臨むことになった。

アジア選手権初戦に臨んだパキスタン代表選手

しかし、そんな私の不安などよそに、初回、いきなり連続強襲ヒットで先制する。まだまだ試合の運び方や状況による力の使い分けなど、経験の部分が乏しいパキスタン野球だったが、試合はそのまま逆転を許すことなく勝利した。この日、実は私が重大なミスを犯していた。1人の投手の名前がメンバー表から漏れていたのである。投手交代のタイミングで選手をマウンドにあげた時点で指摘を受け、呆然としてしまった。試合前の指導者ミーティングでトリプルチェックを入れたのに、誰も気づくことができなかった。

パキスタンの「縦社会」を痛感

その日の夜、パキスタン野球を象徴するできごとがあった。試合後、私たちは開会式に参加するため、そのまま別の球場に移動した。開会式の後は「韓国対台湾」が組まれており、地元のファンが多く押し寄せ、球場は台湾野球独特の雰囲気になっていた。ほとんどの若手パキスタン選手は、初めて見るプロ野球のような雰囲気に興奮していた。そして、私のもとに歩み寄り「この試合を最後まで見たい。勉強になるよ」と弾ける笑顔でお願いをしてくる。私は前日からの寝不足で頭痛を感じていたため帰りたかったが、わくわくしている選手の顔を見て「帰るぞ」とは言えなかった。その代わりに、明日も試合なので1時間または3回までと約束をした。

初戦の後に開かれたアジア選手権の開会式。この後、韓国対台湾の試合が組まれていた

しかし、試合が始まってすぐコーチが私に歩み寄ってきた。彼は「疲れた。試合見ても、意味ないから帰ろう」と言うのだ。私は「選手が試合を見たいと言っている。明日も試合があるから1時間または3回で帰るよ」と伝えた。しかし、コーチは「選手も皆帰りたがっている」と言ってきたのだ。まさかと思い、選手に尋ねると全員が「帰りたい」と言う。我が目を疑った。年齢と役職がものを言う縦社会のパキスタンでは、コーチが「帰りたい」と言えば、試合を見たがっていた選手もその意見に賛同する以外ないのだ。

私は、こんなに寂しい世界があるのかとショックを隠しきれなかった。この1カ月、辛いこと、苦しいことはあったが、一番ショックだったかもしれない。結局、予定を前倒しして帰ることになった。さらに、その日の夕食にもコーチは来なく、近所のレストランへ出掛け、夜の街へ消えていくのであった。

宗教や文化には私見を挟まない

外国人監督として、私は絶対に彼らの宗教、文化に私見を挟まない。日本には日本野球がある様に、パキスタンにはパキスタン野球がある。外国人監督は、誰よりも彼らを尊重し、愛し、そして彼らのスタイルへ導いていかなければいけない。私の指導方針の原理・原則を変える事はないが、その上に乗っかるパキスタン野球を共に築き上げていくのだ。こんな状況の時は、コントロール出来ないモノに執着するだけ、チーム内のその後に影響してしまう。

「そもそも頭痛で帰りたかったし、いっか!!」と思うくらい私自身は開き直り、理解できないことは気にしないに限る。「子どものように輝いた目、一生に1回かもしれない体験をさせてあげたい」。そんな正義感やモラルが、異国の地では邪魔をする。

*アジア選手権
アジア野球連盟主催で2年に1回行われる、アジア最高峰の野球大会。アジア4強と、東アジアと西アジアの各予選優勝国が参加資格を手にし、合計6カ国で頂点を争う。今大会は9月16〜20日に台湾で開かれた。Respectfully,TOMA