親の会に頭を悩まされていませんか?

皆さん、こんにちは。

2018年の夏も後半戦に入りました。今日は、親の会についてです。

  • 親の会の見え隠れする上下関係が嫌
  • 行ったら手伝わなくてはと気を使ってしまう
  • どうもローカルルールに馴染めない
  • 行かなければ言われるし、行けば使われる、、、
  • 週末に休める仕事でないのでチームに申し訳ない

親の会を楽しめている人もいれば、以上のように感じている人が多いのも昨今の育成年代のリアルな事情です。

親の会は消滅する!?

現在のスポーツ少年団で問題が絶えない原因は、明確な運営母体が存在しないためです。

毎年変わり続ける“親”が運営を行う現状のシステムでは、強く永続的な組織を作れません。

また、昨今のスポーツ少年団等をみていると、

過去の少年野球の成り立ちにあったような監督(ボランティアで頑張る地域のおっちゃん)を支える・手伝う存在から、

監督の指導力等への不満から“主導権を握ろうとする親の会が増えている”のです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について