外国人選手が付けている「42番」を見たことありますか?

この42番の物語には、野球と人類の壮絶な歴史があります。野球に従事する全てものに知っておいて欲しい歴史です。

この42番をつけていたのは「ジャッキー・ロビンソン」という黒人選手でした。

ジャッキーが野球をしていた当時は黒人差別が当たり前で、白人はMLBでプレイし、黒人はニグロリーグでしかプレイ出来ない時代でした。

そんな時代にありながらもジャッキーの実力はMLBまで届き、スカウトされたのです。

しかし、この挑戦はジャッキーの想像をはるかに超える過酷な挑戦でした。

トイレやレストランなど、行く先々に貼られた「黒人使用禁止」の張り紙、バスや飛行機も白人と同じ交通機関は使えません。

当時のチームメイトでさえ、同じテーブルでの食事や同じシャワーを使うことを嫌がったり、ジャッキーがいるからとの理由でチームを去ったり、批判や嫌がらせ、さらには相手チームからのラフプレイが増していきました。

ジャッキーをチームに迎え入れたリッキー会長への嫌がらせも次第に増えていきました。リーグ内での試合のボイコット、さらには遠征先のホテルに断られるなど、本当に凄まじい時代でありました。

通常ではあり得ない状況に何度も立たされ、野球を辞めようとも考えたジャッキーでしたが、当時の会長を務めたリッチー会長の言葉に最後までやり抜く決意をします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について